障害と等級認定

次は、人体に関する障害です。

一般的に、後遺障害はその症状によって、医師により『等級』が認定されます。その等級は、症状が重くなればなるほど上がっていきます。等級は要介護と認定されるものが第一級と第二級、それ以外の症状が第一級から第十四級まであります。

手足の骨の一部を失った、または一部を欠損した、などの場合は下級に認定される場合があり、今後の生活に多大な影響を及ぼす神経系統への影響が見られるものなどは、要介護の上級と認定されることがあります。

この等級が特に重要であるのは、それに伴って下りる『保険金』の額が異なるからです。要介護の等級第一級では4000万円の保険額が下りますが、要介護第二級、またその他の第一級であれば3000万円となります。

またそれらは、加害者から受ける賠償額にも影響します。

等級には、このような違いがあります。

等級認定には、細かな規定があり、その症状で細かく分けられるだけでなく、いわゆる『症状が固定された』状態で認定されるため、症状が重度化された場合でも、それが等級として認められる場合があります。ただし、どちらにしても事故に遭った場合、すぐさま医師の診断を受け、必要な治療を迅速に行うことが必要となります。

関連記事:責任を考える