後遺障害とは何か

『事故』やそれに伴う『障害』…それらは一般的に存在していることは認められているものの、それに対する『理解』がさらに求められる必要性があります。未だに多くの人がそれらに関して『人事』であるかもしれないからです。私達はそれらを自分にも関係のあること、と考えるなら、よりそれらに関する理解を深めることができるでしょう。だれもが運転を行うようになった時代だからこそ、その理解を深めることには意味があります。

さて、交通事故に伴う『障害』は、一般的に『後遺障害』と呼ばれています。これは先天的なものではなく、いわゆる交通事故などによる後天的な原因によって引き起こされるものを指します。といっても、その線引きをだれもが理解しているわけではありません。また、それによってどのような生活が求められるようになるのか、またはどのような補償を受けられるのか、という点もだれもが理解していることではありません。しかし、その可能性がだれにでもあると言うことを考えると、私達はより安全意識を高めた運転を行わなければならないと思いますが、具体的に、どのような症状が『後遺障害』と言えるのか、という点を次のページから取りあげます。

車を運転するということはとても有意義なことであり便利なことです。車が生活必需品の一つとなっている現代であれば特にそう言えます。しかし、それを実際に利用しているのは私達であり、その利用の仕方によっては、それが必ずしも安全なもので終始しないということも理解しています。