責任を考える

先ほど挙げたように、それが後遺障害として正式に認定されるためには、医師の判断を受け、それが後遺障害の何級であるということを認められなければなりません。自分でそれを理解しているだけではだめなのです。ですからこの過程を忘れないようにしましょう。また、後遺障害には肉体的な症状だけでなく、精神的な後に遺る症状が認められる場合もあります。

私達が今考えなければならないのは、これらの症状を自分が交通事故によって負う可能性があることもそうですが、それよりも自分の運転によって他人にこれを『負わせてしまう』可能性があるということも考えなければなりません。そしてそれによって負わなければならない責任は非常に重大です。私達は運転を行う身として、そのことは留意しながら行わなければならないということを、再度認識させられます。

交通事故時のシミュレーションをしておく、ということはとても重要です。勿論だれもそういった場面が来ないことが一番だと思っていますが、想定しておくことによって、そういった場面を可能な限り避けるような運転を心掛けること、また、万が一の状況に陥っても、正しい判断を下せるようにあらかじめ準備しておくことができます。

障害と等級認定

次は、人体に関する障害です。一般的に、後遺障害はその症状によって、医師により『等級』が認定されます。その等級は、症状が重くなればなるほど上がっていきます。等級は要介護と認定されるものが第一級と第二級、それ以外の症状が第一級から第十四級まであります。
手足の骨の一部を失った、または一部を欠損した、などの場合は下級に認定される場合があり、今後の生活に多大な影響を及ぼす神経系統への影響が見られるものなどは、要介護の上級と認定されることがあります。この等級が特に重要であるのは、それに伴って下りる『保険金』の額が異なるからです。要介護の等級第一級では4000万円の保険額が下りますが、要介護第二級、またその他の第一級であれば3000万円となります。またそれらは、加害者から受ける賠償額にも影響します。等級には、このような違いがあります。

リンク…後遺障害の弁護士無料相談 – アディーレ法律事務所

等級認定には、細かな規定があり、その症状で細かく分けられるだけでなく、いわゆる『症状が固定された』状態で認定されるため、症状が重度化された場合でも、それが等級として認められる場合があります。ただし、どちらにしても事故に遭った場合、すぐさま医師の診断を受け、必要な治療を迅速に行うことが必要となります。

どのような症状?

さて、まずは『後遺障害』の定義について考えてみましょう。後遺障害とは、『後遺』とあるように、怪我のように自然に治癒するものではなく、その症状が完治せずに、何らかの形で残り、今後の生活に少なからず影響を与えるもののことを言います。後遺障害を負う可能性のある人体の部位は固定されておらず、頭部から脚部まで、後遺障害を負う可能性があります。そしてそれは、その多くが交通事故等によって引き起こされるものであり、その状況によって、どのような症状を負うか、というのも異なります。大抵重大な事故を負った場合、そのリスクが高まります。では具体的に、どのような症状が後遺障害に当てはまるのでしょうか。

まず、私達にもっとも重要であると言える部分、『脳』の損傷があります。頭部を強打する、何らかの破片が突き刺さるなどの理由によって、脳に損傷を負う場合があり、それが後遺障害の症状として見られる場合があります。『高次脳機能障害』には、『記憶障害』や『注意障害』、『言語障害』などがあります。交通事故によって、視界の半分を失ったり、人や物の認識が正しく出来なくなる、などの症状が現れる場合があります。軽度、または重度での機能障害が認められます。

後遺障害とは何か

『事故』やそれに伴う『障害』…それらは一般的に存在していることは認められているものの、それに対する『理解』がさらに求められる必要性があります。未だに多くの人がそれらに関して『人事』であるかもしれないからです。私達はそれらを自分にも関係のあること、と考えるなら、よりそれらに関する理解を深めることができるでしょう。だれもが運転を行うようになった時代だからこそ、その理解を深めることには意味があります。

さて、交通事故に伴う『障害』は、一般的に『後遺障害』と呼ばれています。これは先天的なものではなく、いわゆる交通事故などによる後天的な原因によって引き起こされるものを指します。といっても、その線引きをだれもが理解しているわけではありません。また、それによってどのような生活が求められるようになるのか、またはどのような補償を受けられるのか、という点もだれもが理解していることではありません。しかし、その可能性がだれにでもあると言うことを考えると、私達はより安全意識を高めた運転を行わなければならないと思いますが、具体的に、どのような症状が『後遺障害』と言えるのか、という点を次のページから取りあげます。

車を運転するということはとても有意義なことであり便利なことです。車が生活必需品の一つとなっている現代であれば特にそう言えます。しかし、それを実際に利用しているのは私達であり、その利用の仕方によっては、それが必ずしも安全なもので終始しないということも理解しています。